シミやニキビが出来るのは何が足りないの?

シミやニキビといえば、女性にとっては特に気になる肌のトラブルです。
シミやニキビが頻繁に出来ることで悩んでいる人には足りないものが存在します。
これらをケアする商品も色々と販売されていますが、自分に足りないものを理解し、改善していかなければ根本的な解決にはなりません。

シミやニキビができやすくなる肌に最も足りないもの、それはビタミンです。
特に積極的に摂取しておきたいビタミン類がビタミンB群とビタミンC群です。ビタミンB群の中でもビタミンB2は身体の代謝を促進させる働きを持っています。
代謝が促進されることによって肌に溜まっている老廃物を体の外に排出する働きが活発になります。

皮膚の老廃物はシミやニキビを生み出す元となるため、これらを体外に排出させることでシミやニキビが発生することをあらかじめ防ぐことができます。
また、ビタミンB6は皮膚炎の発生を抑制する効果があります。
ビタミンB2とビタミンB6は両方意識的に接収することでより高い効果が期待できます。
ビタミンB群は身体に蓄積されにくく、特に激しい運動をした後や妊娠中は不足しがちなので気をつけましょう。

そしてもう一つ、シミやニキビのない肌を手に入れるために必要不可欠なビタミンがビタミンCです。
肌の老化の大きな原因となっているのが活性酸素です。
活性酸素は私たちの体には必要な物質でもありますが、量が多すぎると肌だけではなく、あらゆる部分を攻撃し、酸化させます。
細胞が酸化することによって私たちは老いていきます。

ビタミンCには強い抗酸化作用があって、体内に蓄積されている活性酸素を分解してくれる働きを持っています。
活性酸素が分解されることによって肌の老化を防ぎ、シミやニキビが出来にくい肌にしてくれます。
そしてビタミンB群と同様に肌の再生を促進してくれる効果も期待できます。
ビタミン類は野菜類や果物類などに特に豊富に含まれているので普段の食事で積極的に摂取しましょう。

また、ニキビを改善する薬を使用するのも選択肢の一つです。
ニキビの薬は薬局やドラッグストアでも簡単に購入することができます。
もし市販の薬では効果が体感できなかった場合は、通販サイトを利用してより効果的な薬を購入してみましょう。

シミやニキビを作る行動、生活習慣

シミやニキビが出来る原因はビタミン類の不足だけではありません。
毎日の生活習慣や行動の中にもニキビやシミができやすいことは潜んでいます。

シミを生み出す大きな原因となるものの一つに太陽があります。
太陽の光には紫外線が含まれていますが、紫外線はあまり多量に浴びると肌に大きな悪影響を及ぼします。
紫外線を多量に浴びることによって前述した活性酸素が皮膚には大量に発生します。活性酸素によって肌が攻撃を受け、シミになっていきます。

特に夏場は紫外線がとても強くなっているので外出時、肌が露出している部分には日焼け止めを塗るようにしましょう。
日焼け止めを塗る際に気をつけなければいけないのはこまめに塗りなおすという事です。

日焼け止めは汗などでも流れ落ちますし、効果があるのは塗ってから2時間程度といわれています。
長時間外出する場合はトイレに行ったときなどに塗りなおすようにしましょう。

ニキビやシミができやすくなる行動や生活習慣は他にもあります。
特に美しい肌を保つために意識したいのが睡眠時間です。肌に限らず全ての細胞は睡眠時に新しいものに生まれ変わります。
しかし、睡眠時間が不足していると肌の生まれ変わりの時間が不足して古いままの肌が長期的に残り続ける事になります。
古い肌には老廃物がたくさん溜まっているため、シミやニキビが出来やすくなります。
特に肌の生まれ変わりに必要な成長ホルモンが多く分泌される時間帯は夜10時頃から夜中の2時ごろまでといわれています。
成長ホルモンが多く分泌されている時間は睡眠をとるように、かつ一日6時間以上の睡眠を心がけることで肌は常に新しい状態を保つことが出来ます。

その他にシミやニキビの原因となるのがストレスです。ストレスを感じると体内の代謝機能が低下します。
健康な肌を維持するためにもストレスはこまめに解消しておきましょう。